scheduleの最近のブログ記事

ピアニストと作曲家の挑発的夕べ.jpg ピアニストと作曲家の挑発的夕べと題するように、 このふたりの演奏には「驚き」が詰まっている。 ジョイスティック、ビデオの投影、プリペアードピアノによる 大変ユニークな即興演奏が次々に繰り広げられる。 セアンとシモンのふたりは、2012年の秋にイギリスのハダースフィールド現代音楽祭で出会った。先端のジャンルの定義を有効にする全く新しい何かを作成する、いままでにないコンサートの形を発見したのだ。 今回は、そこに巻上公一が加わり、さらなる逸脱を試みる。

5/9と10は、セアンと巻上公一のソロとデュオをおおくりします。


5/9 稲毛 Live Spot Candy tel 043-246-7726
Søren Kjærgaard piano solo
Koichi Makigami voice solo and DUO
open 19:30 start 20:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500 (1drink 込み)

5/10 横濱 AIREJIN 横浜国際なんでも音楽祭2017<春> tel045-641-9191
Søren Kjærgaard piano solo
Koichi Makigami voice solo and DUO
open 18:00 start 19:30
予約¥2500 当日 ¥3000

5/11ピアニストと作曲家の挑発的夕べ
渋谷 公園通りクラシックス tel 03-3464-2701
open 18:30 start 19:00 http://koendoriclassics.com
予約 ¥4,000 当日 ¥4,500 


5/13 ピアニストと作曲家の挑発的夕べ
甲府 Air-Y〒400-0031山梨県甲府市丸の内 2丁目37-2
  open 18:30 start 19:00
予約 ¥4,000 当日 ¥4,500 (1drink 込み)
http://air-y.net/

5/14 六本木SuperDelux
〒106-0031東京都港区西麻布3-1-25 B1F Tel 03-5412-0515
オポジット2017 4日目
 ピアニストと作曲家の挑発的夕べ
open 17:30 start 18:30


ピアニストのセアン・ケアゴーは、若手デンマークジャズシーンの中心人物。アンドリュー・シリルとベン・ストリートとの大西洋横断トリオから、伝説の82歳のテニス選手トーベン・ウルリッヒとのコラボレーションまで、ジャンルを飛び越えたアーティストとして知られている。
The New York Jazz Recordの2011年ベストアルバムなど数多くの賞を受賞。

シモン・ステーン-アンデルセンは、ベルリンを拠点に活動するデンマークの作曲家、パフォーマー、インスタレーションアーティストであり、 シンフォニーオーケストラと室内楽、エレクトロニクス、ビデオ、スタジオ、ソロ演奏まで行う広範な領域を行き来するアーティスト。 この6〜7年の作品は、音楽の具体的な要素を統合し、楽器演奏の物理的および振り付けの側面を強調することに重点を置いている。
北欧評議会音楽賞、SWRオーケストラ賞2014、Carl Nielsen賞(DK)など多くの賞を受賞している。

映像資料
Søren Kjærgaard & Simon Steen-Andersen, Skuespilhuset, Copenhagen Jazz Festival 2014
https://www.youtube.com/watch?v=n5NbXX5idEo

巻上公一と行くアルタイの旅 2016年の御案内です。

IMG_1565.JPG

夏に実現しなかった旅
この秋にアルタイの旅に出かけます。

10月23日(日)出発 11月3日(木) 帰国

ノボシビルスクからバルナウルへ。
そして、ゴルノアルタイスクから近い
マンジュレクに宿泊し、
チェマル、テレツコエ湖などを巡る旅を考えています。
シャーマニックで神秘の土地アルタイでこの秋を過ごしましょう。

カイという喉歌を伴った英雄叙事詩の歌い手も招き
アルタイの音楽も堪能します。

総予算
35万円前後になるかと思います。
飛行機の席数が限られていて、
早めの申し込みが必要です。

office at makigami.com までご連絡ください。
とりあえず連絡してみよう。

巻上公一


「一人ひとりの個性を大事にする会 色えんぴつ」主催
スプリング・スクール2015
春の妖怪祭り
ほうとうを食べて妖怪になろう!
日時 4月19日(日) 
集合11時 終了16時(現地集合・解散です)
ゲスト 巻上公一  
企画  田口ランディ

場所:宮上幼稚園
http://miyakami.justhpbs.jp/
参 加 費 : 2000円 (一人あたり)
募集人数:30名
定員になり次第締め切らせていただきますね。
□お申込はメールまたは FAXで!
m.youchien@nifty.com
(FAX) 0465-62-9417
ファックスをお持ちでない方は 宮上幼稚園までお電話ください。
0465-62-3994(担当・井上)
●申込記入事項 代表者氏名、参加人数・氏名年齢 住所、電話番号、FAX番号、
●申込受付締切 3 月末日
●スクール対象年齢
5歳~小学校6年生とその保護者の方
●ボランティアも募集
どなたでもボランティアとしてご参加ください
http://runday.exblog.jp/23544380/

巻上公一のボイス・パフォーマンス講座
(超歌唱家・ヒカシューのリーダー)WORK SHOP


会場:長久手市文化の家 森のホール
日程:2015年4月18日(土)
時間:午後1時~午後5時
定員:30名(先着順・高校生以上対象)
参加費:3,000円​​​​​​​​​​​​​​​​​​

巻上公一が皆さんとともに、様々な声の表現の可能性を探ります。

*声が気になる人はふらっといらしてください。
声は使い方次第でおそろしいくらいの力を発揮します。
それを一緒に探求しましょう。
ふだんの声からちょっとしたジャンプ。
飛べない跳び箱や、鉄棒の逆上がりをするように
声のランクアップのお手伝いします。
(巻上公一)

【お申込み方法】
◎3月3日(火)午前9時より、長久手市文化の家
一階事務室で受付。翌日よりお電話でも受付開始。
◎受付終了後、下記項目①~⑤をメール、または
窓口(受付と同時可)にてご提出ください。

①お名前(フリガナ)
②年齢・性別
③住所・連絡先電話番号・メールアドレス(PC・携帯)
④所属団体など
⑤応募動機・抱負
【会場&お申し込み先/長久手市文化の家】
住所:愛知県長久手市野田農201番地
地下鉄東山線「藤が丘」駅下車、リニモ「はなみずき通」駅下車 徒歩7分
(月曜休館/祝日の場合は翌平日)
◎Tel:0561-61-3411(9:00〜21:30)

◎Mail:bunka@city.nagakute.lg.jp

http://workshop360nagoya.wix.com/home#!makigami/c164h

【お問合せ】
★長久手市文化の家(上記連絡先) 
★名古屋演劇教室 Tel:090-9929-8459
●Facebook、Twitter等でリアルタイム情報、お申し込み状況など発信します。
●当日は、記録・報告・広報用写真の撮影をさせていただきますのでご了承下さい。
●ご不明点などありましたら、お気軽にお電話、メールにてお問い合わせください。
名古屋演劇教室 お問合せフォーム ☞
主催:名古屋演劇教室、エムエム研究室、長久手市

巻上公一と行く
****トゥバの自然とホーメイを満喫する旅 2014****
参加者 募集            約15名まで。
参加費 35万円前後(飛行機代、ホテル代、合宿中の食費、ワークショップ参加費、移動費 込み)

おもな旅程
7月30日(水) 成田 北京経由で クラスノヤルスクへ。クラスノヤルスク泊  
7月31日(木) 朝 クズル行きの飛行機でクズルへ 楽器工房見学 歓迎コンサート クズル泊
ホーメイ合宿4日間 釣り、ハイキング、水泳、馬など日替わりレクリエーション
8月1日(金)  アルダンマードル国立博物館見学後、南へ100キロチャガタイ湖へ。
      ホーメイ強化ワークショップ        ロッジ泊
8月2日(土)  ホーメイ強化ワークショップ        ロッジ泊 
8月3日(日)  ホーメイ強化ワークショップ   ロッジ泊
8月4日(月)  ホーメイ強化ワークショップ   ロッジ泊
8月5 日(火) 首都クズルへ戻る  ショッピング コンサート クズル泊
8月6日(水) アバカンへ。シェシェンスコエ村レーニン博物館見学 ハカスの楽器工房見学 アバカン泊
8月7日(木) クラスノヤルスクへ 北京経由で成田
8月8日(金) 成田着

お申込
4月14日から受け付けます。office@makigami.comまで連絡ください。

DSC07499.JPG
あしがらワークショップ.jpg あしがらの未来 音楽の未来 人類の未来をみつめる
あしがら未来音楽フェスティバル ワークショップ

みんなでメラメラしてみよう
関根秀樹の古代火起こしワークショップ
マッチもライターもなかった時代、
人々はどのように火をおこしていたのだろう。
火打石、キリモミ式、ヒモギリ式・・・
古代の人々と同じ道具を使って、火をおこしてみよう!
講師:関根秀樹氏(和光大学非常勤講師、火起こし世界チャンピオン)
募集人数:40名(20名×2回)
受講料:500円  開催時間:45分
1回目15:00~15:45  2回目16:00~16:45


みんなでびょんびょんしてみよう
巻上公一の口琴ワークショップ
「口琴(こうきん)」て知ってる?
口に当てて弁をはじくと、びょ~んと鳴る小さな楽器。
脳みそぶるぶる震えて、心はハッピー!
いつでも持ち歩けて、寂しい時も楽しい時もいつもあなたのそばに。
今年の夏は口琴名人になろう!
プロも使用している最高級ハンガリー製口琴のおみやげ付!
講師:巻上公一氏(ミュージシャン、日本口琴協会会員)
定員:40名(20名×2回)
受講料:2000円(ハンガリー製の口琴おみやげつき!)
開催時間:40分
1回目15:00~15:40 2回目16:00~16:40

8月24日(土)
場所:開成水辺スポーツ公園内(開成町吉田島2710/新松田駅、開成駅から徒歩15分)
お問合せ・申込み: メールにてashigarammf@gmail.comヘ
またはお電話にてtel.0465-63-0578(MAKIGAMI OFFICE)まで
・参加者の氏名(ご家族の場合は参加したい方全員のお名前)・住所・年齢・お電話番号
・ご家族の場合は代表者のお名前をお知らせください。
*ワークショップは年齢制限なし、ただし小学校2年生以下のお子さんは、必ず保護者が付き添いのこと
主催:あしがら花火大会開成町実行委員会 運営団体:F’s Avenue 協力:MAKIGAMI OFFICE 

巻上公一
ヒカシュー初のカナダ・ツアーに向けて

_DSC8674s.jpg

ヒカシューにとっては初めてとなるカナダ公演の直前インタビュー。


今回のツアーは、ミシェルさんっていう、ヴィクトリアヴィルのジャズ・フェスティバルのディレクターが声をかけてくれたんです。彼に『うらごえ』を送ってあったんだけど、すごく気に入って、ツアーを組もうかって言ってくれた。

ヴィクトリアヴィルのフェスティバルは、ぼくも何度か出ているんですけど、本当に素晴らしい。とても面白いプログラムで、ああいうところで気に入られたらいいなって思ってます。

それから楽しみにしているのが、ジョン・ゾーンの60歳記念のプログラムと、オタワで一緒にやることになっている、クボタ・ノブオさん。日系カナダ人の方だと思うんですけど、クボタさんの音声詩のパフォーマンスはぜひ見てみたいですね。80歳というのが楽しいです。

ジョンキエールもけっこう大がかりなフェスティバルだし、トロントはなかなか決まらなかったんですけど、最終的には演奏できることになりました。

ただ時間の余裕があんまりなくて、観光はナイアガラの滝を見るだけになりそうです。今回はトロントでメンバーと合流するんですけど、その初日くらいですね、観光できるのは。

演奏のほかにも、オタワでは、ワークショップをいろいろ頼まれているんです。口琴やヴォイス、テルミンを教えてほしいって、ワークショップだらけになっちゃって。短い時間なのに、そんなにたくさん出来るのかっていうくらいなんですよ。

ヒカシューの新作も、とりあえず4曲出来てて、他にも3、4曲、歌詞を書きました。カナダにいる間にレコーディングのリハーサルもやろうと思っています。

カナダでも、きっとヒカシューは気に入ってもらえると思います。向こうのオーディエンスに会えるのを楽しみにしています。


カナダ ツアーの詳細はこちら

三田超人 清水一登
「三田超人スタンダードを歌う」第2回公演に向けて

ついにステージデビューを飾った三田超人スタンダード企画。プロデューサー清水一登のピアノを相手に、ギターなしで14曲を歌い、まずは順調な出だしとなった。

DSC_9858-2.jpg 三田超人

やってみて思ったけど、やっぱりル・インチとは違うね。既存の曲をやるわけだから、歌詞も覚えないといけないし。

「モナ・リザ」とかは昔からやってる曲だから、自分でも歌詞は覚えてるけど、ただアレンジは今までとは全然ちがう。有名な曲だけに、いろんな人がやってるんだよね。歌詞もテンポもいろいろあって。その中からいくつか、清水さんに録音を聞いてもらったんだけど、最終的にはどれにも似ていない、新しいアレンジを作ってもらった。

前回は17曲用意してあって、その中から歌ったわけだけど、次もほぼ同じ曲目にするつもり。同じ曲で、さらに歌に磨きをかける感じで。ただ何曲かは変えようと思っていて、その選曲をいろいろ考えているところなんだけどね。

歌だけっていうのは最初から決めていたんだ。ギターを弾くと、どうしても即興になっちゃうから。笛はけっこう使ったけど、あれも清水さんのアイデアで。今後はどうなるか分からないけど、とりあえず次もギターなしでやるつもり。

どうも前回は、ピアノに歌が引っ張られている感じもあったけど、次は歌もグレードアップして、それこそ歌がピアノを引っ張るくらいにできればと。それくらいの意気込みでやるので、ぜひ見に来てください。


清水一登

選曲は三田さんがやっているんですけど、やっぱり趣味がシブいですね。スタンダードをよく聞いてるんだなって感じがして。わたしもああいう昔の名曲は大好きで、機会があれば演りたいと思っているので、今回はとてもよかったです。

すこし前には、梅津和時さんのプロデュースで、憂歌団の木村充揮さんがスタンダードを歌ったアルバムにも参加しているんです。ピアノを弾いたり、ビリー・ホリデイやナット・キング・コールの曲のストリングス・アレンジをやらせてもらって。あの時代のオーケストレーションにも興味があるので、とても楽しい仕事でした。ああいう仕事は、ぜひまたやってみたいですね。

スタンダードみたいな曲をピアノだけで演奏するのはなかなか大変なんです。とにかく曲を成立させないといけないから、やれることはわりと限られてくる。これがたとえば、ベース奏者が入ったりすると、ずっと楽になるんですけどね。その分、他のことも考えられるし。

すごく長い演奏になった曲もありましたけど、あれは元々そういうつもりじゃなかったんです。結果的にああなったというだけで。リハーサルでは、お互いここは自由な感じでやろうと決めてはあったんですけどね。

さっきベースが入ると楽になるって話をしましたけど、それこそあのような、曲の構造じたいをその場で変えてしまうようなことは、ベースとかが入るとちょっと難しくはなりますね。まあ、何も決められていないので、この次はまたどうなるか分かりませんけど。

次回は、曲目もすこし変わりますけど、前回よりはこなれたものにしたいなと思ってます。


次回ライブは4月29日(月)

三田超人スタンダードを歌う vol. 2
三田超人 (vocal) 清水一登 (piano)
渋谷 公園通りクラシックス
開場 19:00 開演 19:30
予約 3,000円 当日3,500円
http://everevo.com/event/4803


翌4月30日(火)は同会場でAREPOSライブ

AREPOS
れいち(vocal) 清水一登(pf)
渋谷 公園通りクラシックス
開場 19:00 開演 19:30
3,000円
http://k-classics.net/schedule/detail.php?id=3901


第3回公演は6月26日(水)浜松にて
詳しくはこちら

講師 清水一登
即興音楽ワークショップ「探求と熟考」第2回

120808_HIKASHU@starpine'scafe_0080.jpg

参加者全員で、いっせいに演奏するという前回のアプローチから一転して、第2回では少人数の組み合わせとなり、それを他の参加者が見ながら、交代で演奏するという形になった。


まずは復習から

最初に前回の曲をすこしやりました。そうやって内容を思い出してもらって、次に新しい曲に移りました。

前回の曲は全員でやったんですけど、今回の曲はそれとは違っていて、4人1組と、テキストであらかじめ人数が指定されています。それから、何をやるかっていうことも、わりと具体的に決まっていて。2人のペアが2組、四角形の対角線上に座って、ペア同士でやりとりをするというものなんです。

誰かがひとつ、行動を起こしたら、こうしなければいけないっていう手順も指定してある。それがうまく出来ると、曲が完結するようになっているんです。つまり、ひとつの定型の音楽になる。


止めずに続けてゆく

この曲では、リズムを1組のペアが始めて、もう1組が加わるんですが、そうやっていて誰かが失敗しても、そこで止めないんです。そこが大事なところで。

やっていて分からなくなったら、そこで率先して止めて、止めた人からすぐに再開する。そこまで決まっているんです。それまでの曲は、誰かが失敗した時には止めるっていう指定しかなかったんですけどね。

だからこそ、とにかく何回も出来るまでやらないといけない。間違えたら、そこで迷っているんじゃなくて、間違えたところから即座にやり直す。完全に止めないで、続けることが重要なんです。


実践して初めて分かること

ここでの意図は、曲を正しくやることではありません。間違えながらも演奏を続けるという、そのプロセス自体を音楽として捉えることが重要なんです。

ただ、このことは、テキストを読んだだけでは見えてこない。箇条書きのルールを眺めていても、その意図までは分からないんです。実際にやってみて、初めて分かる。ああ、こういうことだったのか、っていう。

だからこそ、この本は読んでいるだけではダメで、とにかく実践しないといけない。そもそも、本の最初にそう書いてあるんですけど、まったくその通りなんです。

今後のことですが、6月にはライブがありますから、そこで何をやるか考えつつ、どんどん先に進めていきたいと思っています。


次回ワークショップは3月23日(土)


『探求と熟考』即興演奏を学ぶ
ナビゲーター 清水一登、坂出雅海
会場 渋谷・公園通りクラシックス
参加費 3,000円 学生 1,000円(要学生証) 観覧 2,000円
開催日 3月23日 4月27日 6月1日
詳しくはこちら

坂出雅海
即興的映像イベント「ロシア・リトアニア・ツアー報告会」の見どころ

来る3月24日(日)、渋谷の公園通りクラシックスで行われる、ヒカシューの「ロシア・リトアニア・ツアー報告会」。ヒカシュー主催としては初の映像イベントで、すでに3月2日(土)には名古屋で開催されたが、それとはまた異なる内容になるという。


膨大な素材からその場で選択

いろいろ事前に決まっているわけじゃないんだよね。話の内容もそうだけど、その場の雰囲気で、映像を選んで見てもらう感じなので。だから、渋谷も名古屋とはまた違った内容になると思う。

とにかくもう、素材は熟知してるから。DVDを編集するのに、それこそ何十時間もツアーの映像を見たからね。だからこそ、面白いところも知りつくしているし、その場でどこが見たいって言ってもらえれば、すぐに出せるようにしてあります。


名古屋でも大好評

内容としては、名古屋はモスクワの話が中心になったんだ。ツアーの最初から話していったら、モスクワだけで1時間かかってしまって。面白いところをきちんと話そうとすると、そんな感じになってしまう。そもそも、一晩ではとても全部は語りつくせないしね。

名古屋では演奏もしたんだけど、それがまた良かった。ジャンベとかを使った、アコースティックセットみたいなヒカシューだったから、いつもの曲がまったく違う感じになって。あれだけでもまたやりたいって思えるくらい、とても面白いセッションだった。

演奏もやっぱり、どこでやるってきっちり決めているわけじゃなくてね。全体の流れで、そろそろ演ろうかって感じで。おかげさまで、とても好評でした。


DVDを見ていても楽しめる

元になった素材は、DVDと同じではあるんだけど、すでに見てくれた人にも楽しんでもらえると思う。DVDに入っているのはごく一部だし、同じ映像にしても、前後の状況とか、いろいろと説明できるわけだから。

それから、ライブの映像も、ぜひ見てもらいたいっていうのはあるね。なにしろ、どの会場もぜんぜん違うシチュエーションで、それがじつに面白かったし。ただライブを見ていると、すぐ時間が経ってしまうから、気をつけないといけないけれど。

映像のイベントは、他にもいろいろできると思うから、またやってみたいね。たとえば、かなり昔の映像を使ってみるとか。とりあえず今回のは、相当に面白い出来になっていると思うので、ぜひ見に来てください。

3月24日(日) open 19:00 start 19:30
『ヒカシュー【ロシアリトアニアツアー】報告会』in 公園通りクラシックス
予約はこちら、 ticketdesk@makigami.com
tel/fax 0465-63-0578 10amから18pm 
予約 3,000円 当日3,500円 全席自由 学生¥2,000

お名前(name)*
メールアドレス(mail)*
お電話(tel)*
ご住所(address)
枚数*
追伸
Powered by CGI RESCUE®

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちscheduleカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはmemoです。

次のカテゴリはtheaterです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01