Diaryの最近のブログ記事

今年は新しい出会いも多く
ヒカシューでは、ロシアアルタイツアー、ゴジラ伝説、ニューヨーク録音
など 活動も多岐に渡りました。
ヒカシューの2014年は、ヒカシューblogにまとめましたので
ごらんください。
http://hikashu.exblog.jp/22677203/

ここでは、巻上公一のソロおよびコラボレーションをまとめました。
デンマークのthe Living room trioの初来日
九州や名古屋でコブラ フルクサス 7年目のJazz Art せんがわ
ボロットとタンダライ
実に盛りだくさんでした。


1月11、12日 多治見で声のワークショップ「声の冒険」
2月1、2日 多治見で声のワークショップ「声の冒険」
2月23日 John Zorn’s Cobra 九州芸工大
3月9日 江戸からシベリア音楽紀行 泉公民館
3月25日 江戸からシベリア音楽紀行 公園通りクラシックス
4月17日 Fluxus in Japan #エリック・アンダーセン 東京都現代美術館
4月23日 新宿 Pit inn Living room trio tour
4月24日 名古屋 Valanntain drive Living room trio tour ゲスト「真夜中」withヤンマー嶋村
4月25日 甲府桜座 Living room trio tour  ゲスト ヒカシュー
4月26日 渋谷La mama Living room trio tour ゲスト ヒカシュー
4月28日 関内Airegen Living room trio tourゲスト「真夜中」withヤンマー嶋村
4月30日 公園通りクラシックス Torben Snekkestad 八木美知依 恥骨
5月3日 爆音ゴジラ伝説
5月6日 コウイチとパール 花祭の日 レディジェーン 巻上公一Pearl Alexander (contrabass)Duo
6月22日 みなとみらいWS /藤野 自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉第七回 巻上公一 藤田陽介 Duo
6月26日27日 29日 みなとみらいホール鈴木理恵子 若林顕 ビヨンド・ザ・ボーダー
6月30日 宮上幼稚園 「アルジャンスー」巻上公一 佐藤正治 Duo
7月5日 藤掛正隆 REVUE THE FULLDESIGN 2014@甲府桜座
7月20日 John Zorn’s Cobra @渋谷la mama
7月23日 新宿Pit inn ベツニ・ナンモ・クレズマー
7月30日から8月7日 トゥバの自然とホーメイを満喫する
8月16日 十日町 BACCA*GOHGI(ばっかごーぎ)な鉢祭りこまっちゃクレズマ
8月24日 ミスタースリム サマー 福生カニ坂ロックフェス
8月30日 原始感覚美術祭 巻上公一solo
9月5日 7日 ジャズアートせんがわ プロデュース
9月10日 新宿Pit inn Ned Ned Rothenberg 芳垣安洋、田中悠美子、高橋悠治
9月13日 John Zorn’s Cobra @名古屋得三 小埜涼子部隊
9月21日 John Zorn’s Cobra @渋谷la mama
10月4日 ヒカシューとボロット・バイルシェフそしてタンダライ@甲府桜座
10月5日 湯河原観光会館 ボロット・バイルシェフ&タンダライコンサート ~アルタイ幻想~
10月7日 瀬戸屋敷 レクチャーライブ 「音楽の交差するところ アルタイの癒しの声」2014
10月8日 芸大 ボロットとタンダライ講義
10月9日 テングリという青空 ~中央ユーラシアの伝統と幻想 座・高円寺2
10月18日 関口義人企画 音楽夜話「はみだした声の軌跡」聞き手 松山晋也 
10月25日 宮崎 えほんの郷の音楽会 太田恵資 高岡大祐 巻上公一 トリオ
10月28日から10月2日 the Stoneのレジデンシー 共演
Peter Evans Cyro Baptista Bolot Bairyshev Erik Friedlander Ned Rothenberg 
Marc Ribot Shanir Ezra Blumenkranz Randy Peterson Kevin Norton
11月22日23日 超歌唱オペラ チャクルパ4「メンデルサッコンの渦巻」@沼部いずるば
12月6日 結び目の祝祭 ~絵と詩の展覧会~絵:梅野亮 詩:うめのいずみ 巻上公一ソロ
12月7日 雑誌「TRASH-UP!!」+ダンボール・バット共同企画シリーズ  巻上公一ソロ
12月21日 副島輝人を偲ぶ会@新宿Pit inn

あけましておめでとうございます。
本年も、ヒカシュー及び巻上公一をよろしくおねがいします。

昨年を回想してみますと、
新年はモリイクエさんと熱海起雲閣でコンサートをしたり
両国にお相撲を見に行ったり、福岡で初ヒカシューしたりしていました。
2月にはトゥバから春日野部屋に修業に2力士を招いたのですが
なかなかの根性なしで、寒くて稽古にいかなかったりして
がっかりしたのが懐かしいです。
忘れられないのは、5月のヒカシューカナダ4都市ツアー。
まずはナイアガラ観光からはじまって、
トロント、オタワ、ジョンキエール、ヴィクトリアヴィルが
たいへん素晴らしい成果で、
ヴィクトでは、ちょうどジョン・ゾーン60歳メモリアルなコンサートを
満喫でき、
その高揚の中、ニューヨークでヒカシューの新作録音に臨めました。
6年目のJAZZ ARTせんがわ、初めてのあしがら未来フェスティバル、
ワールドハピネス、
そして横濱ジャズフーロムナードと国内フェスティバルにも多数参加できました。

ヒカシュー以外でに参加した
スウェーデンのウメオやコペンハーゲン、ノルウェーのコングスベルクや
デンマークでの即興音楽ワークショップ。
トゥバ、アルタイのコンサート、そしてFOOD!
どれも素晴らしい出会いがありました。

そして極付けはヒカシューの「万感のクリスマス」
プラスチックスとの共演は、まだ興奮が醒めません。

ヒカシューの新譜「万感」
チャラン・ポ・ランタンとの、「チャクラ開き」
2枚の盤を出すことができました。


今年は、まだまだ予定が定まらないところがあるのですが、
たくさんの演奏をしていきたいと思っています。

みなさん、是非どこかでお会いしましょう。

巻上公一 2014 正月

P.S
新春最初のライブは、渋谷ラママ1月17日です。
『MY SONGS MY LIFE』 -幻想とファンタジーの狭間で-
黒色すみれ / 原マスミ /
巻上公一超歌謡セッション
[メンバー:歌 巻上公一,ピアノ 吉森信,チェロ 四家卯大,ドラムス 佐藤正治]

OPEN/START 18:30/19:00
ADV/DOOR ¥3000+D/¥3300+D

http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002116285P0030001

hikashu2012newyear.jpg

謹賀新年
今年もヒカシュー そして巻上公一をよろしくお願いします。
2011年は1月7日 六本木スーパーデラックスで、
モリイクエ、ジム・オルーク、巻上公一のトリオからのスタートです。

mrk0007b.jpg

いつのまにか2008年にイギリスのブライトンで演奏したものの後半がアップされていた。
送ってと頼んだのに送ってくれなくて、
勝手にアップされているんだけど、まあいいか。

http://www.youtube.com/watch?v=kQLXyjWOU98

7月18日から3日間。
連日満員御礼ありがとうございました。
ご入場できなかった方、本当に申し訳ありませんでした。
来年は5月末の開催を予定しています。

THE BIG ISSUE JAPAN130号巻頭のリレーインタビューに
巻上公一のインタビューが載っている。

ビッグイシューは駅近くなどで販売者が手で売っています。

http://www.bigissue.jp/backnumber/bn130.html

トゥバクィズィのツアーがはじまった。
女性のホーメイは、また男性と違う魅力がある。
それにトゥバの歌が、
心地よい風を伝えている。

まったくもってふざけてる。
トゥバの友人ドスタイ・オトクンが領事館のいやがらせにあって
23日に申請したのに
モスクワでビザの発行を渋られている。

2年前、ウラジオストクで申請した際、書類の不備を理由に断られた。
これはあくまでぼくの問題であった。
その時、追加書類で問題を明らかにしたところ、次は、問題ありませんと外務省に言われた。
にもかかわらず、

モスクワの領事館は、
「ウラジオストクになんでいかないんだ。前に断られたからだろう」
と言った。

冗談じゃない。
トゥバから日本にくるのに
たまたま航空賃がモスクワ経由の方が安かったからだ。
それもぼくが決めたことだ。

10年以上にわたって、トゥバ共和国と文化交流を続けている。
そのパイプ役としてどれだけDosta Otkunが苦労してきたことか。

いったい外交官はなんの仕事をしているのか。
ほんとうにはらだだしいなんてもんじゃない。

巻上公一

P.S.

度重なる連絡、説明。友人の援護によって無事ビザ発給が叶った。
しかし、文化交流でいつもひやひやさせられるのはうんざりだ。
この査証審査の方法そのものが問われていいと思う。
興行ビザの申請に至っては、フィリピン人のダンサーとして働く場合が書類の基礎になっている。
これはローリングストーンズだろうが同じというのがどうかしている。
国会で話題になるのは、売春、不正滞在ばかり。
それはごく一部にすぎない。
もっと多くの現実を見る必要がある。

ユネスコ第五回ホーメイシンポジウムは、
7月25日から28日までトゥバ共和国の首都クィズルで行なわれました。
日本、ノルウェー、アメリカ、ドイツなどの海外組は40人ほど来ていました。
日本からは11名。
ノルウェーと並んでの大人数です。
シンポジウムでは、アルタイ、ショール、バシコルトスタンの発表が興味深いものがありました。
ホーメイコンテストでは、
巻上は審査員を務めました。
100名の参加者を見るだけでもかなり大変。
グランプリは、オンダール・バジドルジュ、自動車!!が贈られました。
グループ部門は、チルギルチンで賞金2300ドル!!
アバンギャルド大賞を、日本人の寺本雅一氏が受賞。
山川冬樹氏も特別賞を受賞しました。

巻上は、長年のトゥバ文化交流の功績に対して、文化功労賞を授与しました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちDiaryカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはCDです。

次のカテゴリはDVDです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01