2009年2月アーカイブ

2009年は、Cobra Yearとも言えそうな企画が続く。

3月15日に名古屋得三で JohnZorn's Cobra 名古屋作戦今池部隊
巻上公一 prompter
出演は 津山篤(vo,ag) 鬼怒無月(guitar) 植村昌弘(drums) 藤原弘明(eb,banjo,mandorin) 
KEI(guitar) 臼井康浩(guitar) 小野浩輝(guitar) 石垣篤友(bass) 石渡岬(tp.vo) 小野良子(AS)
白木佐也加(Vo)
http://tokuzo.com/

そして、 4月9日(木) にはこんな催しが急遽決定!!
JOHN ZORN AT THE PIT INN 【新宿PIT INN】
久しぶりにJOHN ZORN 来日!!! この日のみのスペシャル が行なわれる。

1set John Zorn Jim O'Rourke 巻上公一 大友良英

2set John Zorn's Cobra Pit inn 作戦
ジョン・ゾーン(Prompter)

向島ゆり子(Violin) 四家卯大(Cello) 佐藤芳明(Accordion)
伊澤知恵(Piano)鳥越啓介(Bass) 佐藤えりか(Bass)
神田佳子(Percussion)ぴかちゅうりっぷ(Drums)
植村昌弘 (Drums)大友良英 (Guitar)ジム・オルーク(Guitar)
巻上公一(Voice,electronics,and organizer)
http://www.pit-inn.com/

そして、6月14日は
今年2年目になるJAZZ ARTせんがわ2009で
JohnZorn's Cobra 東京せんがわ作戦 内橋和久部隊!!!
渡邊琢磨、七尾旅人、石橋英子、横川タダヒコ、青木タイセイ、イクエ・モリ ほか豪華出演陣。

国立国際美術館で新国誠一の具体詩の特集が組まれている。
http://www.nmao.go.jp/japanese/b2.html
それに合わせて
新国誠一works-1952‐1977が出版され、
新国誠一の全貌を知る機会に恵まれました。


今日、田口ランディさんの新刊「パピヨン」が発売されました。
田口さんとはご近所ですが、エリザベス・キューブラー・ロスの看取りの研究を取材している時に
お父様の末期ガンと向かい合うことになってできた本とのことです。

角川学芸出版HP
http://www.kadokawagakugei.com/detail.php?p_cd=200809000524

2月21日の土曜日の秋葉原にはじまって
22日(日)の福岡イムズの8階で「ホーメイとエオリアン・ハープの共演」があり

続く23日の月曜日は、九州大学で巻上公一による特別講座があります。
ホーメイの名人を訪ね歩く映像から、
2008年のユネスコ国際ホーメイシンポジウムの映像まで、
たっぷりご覧に入れます。
またホーメイの実技もたっぷりします。午前10時から午後2時という長丁場です。
ホーメイ好きの方は、学生でなくても参加できるそうですので、
直接 九州大学大橋キャンパス 藤枝守教授をお訊ねください。


http://www.kyushu-id.ac.jp/

先日、倍音オーケストラのプロデューサーの磯田さんが、湯河原に来られて、いろいろ日本のホーメイ事情の質問をされた。

このところ本当にたくさんの人がホーメイを取り入れたコンサートをしている。以前は、知り合いしかいなかったが、すそ野が広がってきたようだ。

しばらく話していると、
「何人くらいいたら熱海の教室を作ってもらえますか?」という。
ぼくはいままでホーメイだけの教室はあまりやっていない。ホーメイは、トゥバ人に習うべきと思っているからだ。しかし実は、去年一年間、ぼくはお坊さん向けに新宿の常圓時で倍音に焦点を当てたものをしていた。最初はお坊さんが90%だったが、そのうちに一般の女性などが70%になった。それで今年もやることになったので、それに参加されてはどうかという話から、熱海教室の話になったのだ。
ぼくとしては、地元でやるのはやぶさかではない。ただそんなに人が集まるのかと思っていたら、磯田さんは、呼びかけて10人集めてくれた。

このへんでいままで集めたホーメイの知識やトゥバの情報を整理してみるのもいいだろう。
自分自身の技術の向上のためにもやってみよう。
あまり多くはしたくないけれど、
あと少しだけ枠があります。もしよかったらお申し込みください。

【巻上公一ホーメイ教室・熱海】

・受講期間:2009年3月から1年間(10回)。
・月謝・(1回1時間)¥3,000
・会場:熱海・起雲閣音楽サロン
 第1回目は3/12(木)19:00〜20:00です。

参加ご希望の方は世話人の磯田さんまで。
info@pinpoint.ne.jp

2月21日の秋葉原でのトーク「喉歌の未来」の次の日、ホーメイづいてます。
九州大学の藤枝守氏に呼ばれて、来週2月22日、23日は福岡です。
福岡の皆様にお会いしたいです。

先日、爆笑問題のニッポンの教養FILE061に

藤枝守さんが出ていて、音律のなりたちの紹介をしていました。
爆笑問題がいつものようにぜんぜん熱くなれず、じれったい感じもありましたが、
「絶対音階? ああ あれは虚勢です」
と藤枝さんが言い切ってたのがよかった。
そんな
実にタイムリーな人、藤枝さんによばれて九州大学に行きます。

大学だけではなんなんで
ちょうど開催中の藤枝さんのイベントに出演することになりました。
みなさん是非顔を見に来てください。

ギャラリー・アルティアム パフォーマンス+トーク 
展覧会「sound in mind」

場所 福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F

【ホーメイとエオリアン・ハープの共演】 2月22日(日)16:00〜
トゥバ共和国に伝わる喉歌ホーメイの第一人者である巻上公一が、
展示作品「エオリアン・ハープ・リザウディング」と共演します。
・出演:巻上公一(ホーメイ)
・トーク:巻上公一、藤枝守、ワールド・エオリアン・ハープ・プロジェクト

P.S.
FILE062はなんとうちの近所の布施英利さんです。

リチャード・フォアマンプレゼント「ASTRONOME」

リチャード・フォアマンは、世界の最も重要な演劇界のリーダーのひとりであり、
30年間以上ジョン・ゾーンの個人的なヒーローです。
なんと今回そのふたりの巨匠が新作のサウンドオペラで共同作業をしました。
いよいよ2月5日にオントロジカル・ヒステリック・シアター(セントマークス教会)で幕を開けます。
ご存知のように
ASTRONOMEはマイク・パットン、トレバー・ダン、そしてジョーイ・バロンの演奏による
Moonchild の2枚目にあたります。これはそうとう激しいCDですが、
リチャード・フォアマンの演出はさらに驚きの連続です。
是非この作品を一度見るための特別な努力をしてください。
たった2ヶ月間の上演です。

詳しくは、www.ontological.comを参照してください。

昨年2008年11月 21日 22日 に沖縄県立美術館で上演された
「インダスヒュー」がシアターTVで見れるそうです。

放映日程は下記です。

2月01日 05:25 2月02日 04:40 2月04日 18:55 
2月07日 24:00 2月09日 16:30 2月10日 04:20 
2月11日 19:00 2月13日 13:00 2月16日 16:00  26:00 
2月18日 18:55 2月21日 24:00 2月23日 05:35 
2月26日 07:10 2月27日 19:00 

番組のホームページは以下です。
http://www.theatertv.co.jp/0902/r_odori.html

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01